クルーレス

ビバリーヒルズに暮らす16歳のシェールはオシャレに夢中な女子高生。ダサいと言う事に我慢ならない彼女は、垢抜けない転校生タイをオシャレにしようと頑張るが・・



clueless.jpg


90年代の女子高生がヒロインだけど、
いわゆる「意識高い系」JKって事かな?(笑)

転校生(女友達)のオシャレのお世話をやきたがるの、どっか既視感・・
と思ってたら、なんとオースティンの「エマ」が元ネタ、
と言うか、それを現代風にアレンジした作品だったそうで。だからか。

タイ役のちょっとダサめだけど可愛らしい子はもしや・・
と思ったら、やはりブリタニー・マーフィだった。
役作りもあっただろうけど、後にかなり都会的に垢抜けた気がしたよ・・。

ヒロインが一目ぼれする相手・・えっ、カッコいいの?あれが?!( ̄∇ ̄; 
・・って、いつぞやのトメ子(マリサ・トメイ)みたいで吹いたわ。(≧▽≦)
てか、マトモなのジョシュしかおらんやったやん。(笑) 
いや、あの最初にタイと気が合ってたジャンキーは嫌いじゃなかったけどね、
てか、ちゃんとヒロインに汚した靴の事を謝ってたし、
真面目にスケボーやってたし、最後で急激に好感度UPよ。(笑)

ヒロインが男の子と出かける時に着た白いドレス見て父親が
「下着みたいだ、上着を着ろ」とか言ってたけど、
未だにアメリカ人のそういった所の境界線がよくワカランのよね。
キスとかハグにしてもそうだけど。
でもいいお父さんだったし、そんな家族がいるからこそ、
多少ハメはずしそうなヒロインでも本当は純粋で優しい娘よね、
ってすんなり思えたりも。

ファッションが可愛いってのもウリだったみたいだけど、
これは好みがあるかもね?
友達の帽子なんかは個性的で面白かったし、
カラフルで若さはじけてるのは良かったけど、
着てみたい♪って思える程ではなかったかな。
勿論、自分が十代だったとして、だけど・・( ̄∇ ̄;   


(監・脚)エイミー・ヘッカリング
(主)アリシア・シルヴァーストーン ステイシー・ダッシュ 
ブリタニー・マーフィ ポール・ラッド ダン・ヘダヤ 
ジェレミー・シスト ウォーレス・ショーン