セトウツミ

高校二年の内海と瀬戸。勉強家の内海とお調子者の瀬戸。対照的な二人は放課後いつも同じ場所で時間をつぶしていた。



seto-utsumi.jpg


セトウツミとは何ぞや? 
と思ったら、主人公二人の名前(瀬戸君と内海君)だったのね。
おぎやはぎみたいなもんか? 
そう思えばタイトルからして漫才(コント)風だけど、
描写もモロにそんな感じ。

で、いつも同じ場所で何気ない会話をする
性格や生い立ちなどが正反対の高校生男子ふたりだけど、
ど~でもいい様なしょーもない会話が
たまにフッとツボにはまったりして、
青春とっくに昔の自分でも意外と楽しめたわ。

日常のど~でもいい様な空間での
ど~でもいい様なやり取りや触れ合いが、
ささくれがちな日々をじんわりと癒してくれる様な。
"ど~でもいい"・・は救世主。
何気なさそうな風景にもドラマがあるよね?(マジで)

主演二人がとても良かった。
と言うか、主演二人がイノチな作品ね。 
池松君の安定感に、はっちゃけがちな菅田将暉がいいコンビ。
菅田君演じる瀬戸君、おバカ可愛かった~。 
あと、瀬戸君のおかんの存在感・・!( ̄∇ ̄;

でもって、ど~でもいい話だけど、
瀬戸家=今夜カレー→あさってはカレーうどん、
ウチ=今夜カレー→あさっては焼きカレー・・かな。
三日はもたせたい!


(監・脚色)大森立嗣 (脚色)宮崎大 (原作)此元和津也
(主)池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ 鈴木卓爾 
成田瑛基 岡山天音 奥村勲 笠久美 牧口元美




この記事へのトラックバック