四月の魚

有名女優を妻に持つスランプ中の映画監督・根本は今は自宅でフランス料理ばかり作っていた。そんなある日、昔CM撮影で訪れた海外の島の酋長から4月1日に自宅を訪ねたいとの手紙が届き・・



4-sakana.jpg


たまたまラジオで昔の曲をやってて、
高橋ユキヒロの「ポワソン・ダヴリル」がかかって、
「フランスではエイプリルフールに魚の形のチョコを贈るそうで、
これは映画"四月の魚"の主題歌でもあります」って言ってて、
あ、そう言えば録画しとるわ!
・・と思い出し、丁度今四月だし、と慌てて鑑賞。
高橋ユキヒロ主演ってだけで録画してた私は隠れファン?(^^ゞ
そして今、その音楽が脳内をぐるぐるしてて・・止まらなくて・・
"ウナギ風呂の美女"の気持ちが少し理解出来つつあります。
(↑四月の魚まみれと言いたかったらしい)

でもさ、ユキヒロさん昔こう言うのに出てたんだね。なんかフシギ~。
・・て、コレ大林監督じゃん・・ええ~・・フシギ~~(色んな意味で・・) 
自分は全然知らなかったけど一般的にはどうだったの?
それと、ユキヒロさんと幸宏さんの使い分けはどうなん?
(追記:1980年前半まではカタカナ名だったらしい)

それはともかく!
ユキヒロと幸宏はおいといて!(笑)
まず目を引いたのが、
なつかしの80年代ファッションのインゲボルグとピンクハウス・・!
それぞれ、女優の奥さんと女優の卵の女の子が着てて、
当時のファッションは主張がハッキリしてて面白いな~・・
でもあの髪形はなぁ~・・あのもっさりやめたらイマドキでもOKでは?
とか、つい、イマに合わせて色々想像してしまったわ。
後で知ったけど、
幸宏さんがデザイナーをつとめるBricks-MONOってブランドのもあったらしい。
それは知らなかったな・・なんかごめん( ̄∇ ̄;
それから、お家~インテリアがとっても素敵♪ 
フレンチカントリー風で現代だと割と見るタイプかもだけど、
それでもイマでも充分通用するし参考にしたくなるレベル。 
80年代でコレって相当オシャレだったんじゃ?

で、物語は・・ドタバタラブコメ。
女優の卵の女の子の成りきり妻っぷりにみんなが引っ張られる(振り回される?)
・・みたいな・・昔こう言う系ってよくあった様な・・むず痒さ。( ̄∇ ̄;
女の子が性について羞恥心無くあっけらかんと語ったり、
男性の前で平気で全裸になって着替えたり(理由付けはしてたけど)
わあ~80年代っぽい~~しかも負の遺産部分~~!?・・って思ったし(爆)
(↑当時、最先端でイケてる女性は性に関してもオープン!
ってマスコミやドラマ等でやたらと煽っててキモかったし)
海外の島の風習で自分の奥さんを相手に提供する、なんてのも、
それって笑えるネタなの?てんで面白くないんだけど?・・って思ったし(爆)
ラストも・・え?何?結局そっち?嘘から出た実?
タイトルからしてそこが落としドコロ?
でもアンタ(幸宏さんでなく根本に対してアンタ呼ばわりね!)
妻が大事でそんな計画立てたんじゃ?え?結局嫉妬してただけ?
自分のプライドが一番大事・・とか? 
・・な~んて、どっちつかずな気持ちになってモヤモヤ。

後で知ったけどコレ、製作後すぐには公開されず、
二年後?にやっと公開されたとか?何があった?!
原作(脚本も)がジェームス三木・・(ちょい出演も)
へぇ~・・だからそう言う雰囲気の物語?・・と勝手に納得しつつ、
そう言えば昔なにやらやらかしたよね?
公開が遅れたのはその影響?(知らんけど)と気になったり。
それから、大林監督や幸宏さんのお兄さん、そして
細野晴臣もちょい出してるらしい?・・それはすごいな。
三木以外は全然気づかなかったよ。( ̄∇ ̄;

で、主演の幸宏さんですが・・ 
まあ、頑張っておられたのでは・・( ̄∇ ̄;笑  
結構長まわしもあったし、その意味ではね。
料理のシーンが一番多かった様に思うけど、ご本人も料理が好きなのかな?
それか、あの年代の女性から男性への要望の形とか?
妻役は赤座美代子・・さすがに演技は良かったけど、
幸宏さんとの雰囲気が合わなさ過ぎて・・逆にレアかも?(笑)
女優の卵の女の子は出演者名の所に「新人」と書かれてた。
昔の映画ではそう言うのわざわざ書かれてたよね、なんでやろ?
これから売り込むから頼みまっせ!・・て感じ?(テキトー) 
けど、この女優さんは全然知らなかったなぁ。
で、あの年代に沢山いたアイドルっぽい容貌だったけど
男ゴコロをくすぐりそうな小悪魔っぽくもあったし、
何より堂々と役をこなしてて期待大な感じだったのに、
これしか映画に出てないとか?
何があった?!そっちのが気になり出した・・あの髪形のせい?(違)
三宅裕司は・・なんなん・・(ついて行けず笑) 
丹波哲郎も出てたわ。懐かしいなぁ・・嫌いじゃない。(笑)
そして泉谷しげるが・・若い・・若すぎて何か物足りん・・(≧▽≦) 


(監・脚・編集・企画)大林宣彦 (脚)内藤忠司 
(脚・原作)ジェームス三木 (音楽監督)高橋幸宏
(主)高橋幸宏 今日かの子 赤座美代子 入江若葉 泉谷しげる 
丹波哲郎 四禮正明 三宅裕司 峰岸徹 ジェームス三木



この記事へのトラックバック