コンテイジョン

香港出張からアメリカに帰国した女性が2日後に死亡。似た様な事例が世界各地で相次ぎ、WHOは調査に動き出すが・・



contagion.jpg


見逃してた作品を今頃(2021年)やっと鑑賞。 
2011年のだけど、イマ見ると全然絵空事じゃないのがもうね・・。(@_@)
(イマまだ見てない方はどうぞ見てみて・・。)

感染に関してもだけど、
それによって混乱する世の中の様子も現在進行形。
感染源の特定(疑惑)や公的発表のタイミング、救命と利権、
ワクチンの優先順位等、色々と現実で問題にされてる事と重なりまくり。

特に、ジュード・ロウ演じるジャーナリストの立ち位置・・
私利次第の情報拡散と、検証なく妄信する事に関しては、
問題が何であれ、
一般人はこれからも特に気を付けないといけない部分だと思う。 
個人情報(と書いて甘い秘密と読む?)のバレバレ加減も。(汗)

自分の公的立場より私情を優先した人達に関しては
ちょっと物語的ではあったけど、
実際にも似た様な立場で悩む人達も居るかもと思えた。
けど、あんな派手な暴動だけは日本ではお目にかからないよね。
そう言う所は、民族構成等の違いもあってか、
感染関係なくむこうでは起こりがちな印象。(あんちふぁとかさあ) 
んで、銃があるのが二重の恐さ。(>_<)

俳優陣がさり気なく豪華。 
グウィネスが早々にあんなになってビックリだったけど、
ウィンスレットも更に・・だし、贅沢な配役で。( ̄∇ ̄;
二人よりも無名な女優さん(多分)がキーマン、
いや、ワクチンウーマンと言うべきか?になってたりして。

ところで現実は・・・
最近の感染状況はどうだろう。
国内は実効再生産数がだいぶ下がって来てるしもう少しの辛抱かな?
世界的に見ても日本はよく頑張ってると思う。
ただ冬場はやっぱり要注意だろうね?
ワクチンもだけど、治療薬にも期待。
あと、発生源の確定と責任追及はお忘れなく。 


(監)スティーヴン・ソダーバーグ (脚)スコット・Z・バーンズ
(主)マット・デイモン ローレンス・フィッシュバーン ジュード・ロウ 
マリオン・コティヤール ケイト・ウィンスレット グウィネス・パルトロウ 
ブライアン・クランストン ジェニファー・イーリー サナ・レイサン 
ジョシー・ホー エリオット・グールド





この記事へのトラックバック