クリスティーン

57年、自動車工場で完成したばかりの赤い車の中で工員が死体で発見された。時を経て72年、屋外に放置されボロボロになっていたその車を内気な高校生アーニーが見つけ・・


christine.jpg


これまで何度となく見る機会はあったと思うけど、
クルマが人を襲うなんてイマイチ面白くなさそうと思って長年パス。
で、またまたたまたま出会っちゃったので
気が向いて(根負けして?)鑑賞。
見てみると想像してたよりも面白かったわ。なんかごめん。( ̄∇ ̄;

きっとイマより(一般的に)車に思い入れのある時代・・。
公開時もそうだったんだろうとは思うけど、
今見ると更にしっかりがっつりクラシックカーってのがいいし、
公開時はきっと”ナウくてイカした”若者達が
今見るとしっかりがっつりレトロ(←?)なのもいいし、
映画って時代を越えて、その時にはその時の見方があるねぇ~
楽しめる時期に楽しく見られたから良かったかな、って思ったりも。
出会うべき時に出会った、みたいな。
(大袈裟・・しかも散々避けておいてソレ・・笑)

車のクリスティーンがいっぱしの女性の様に感情を持つ
・・んだけど、面白かったのは、
ボロボロになってて人の手を借りないと復帰?出来ない程だったのに、
いつの間にか、ご主人様のお気持ち次第で
別人の様に生き生きと自力復活出来ちゃったりする所が
まさに恋するオトメのレンアイ活力!だった所。
その後の嫉妬~暴走、
そして思いっきり炎上~~までもがオトメのレンアイ実写版?!

クリスティーンのそんなオトメ心?も見所だったけど、
それと同時に、持ち主となるアーニーの変化も興味深かった。
最初は地味で弱弱しかったのにね、
クリスティーンと関わり出してから自己主張もしたりと、
何かと良くも悪くも(殆ど悪くも)強さを増して来てさ。

アーニーはワシが育てた! byクリスティーン。

でも、アーニーとカノジョの交際の発端が不明だったので
(デニスの狼狽は一番共感出来た所・・笑)
そこが描かれてれば、
カノジョとクリスティーンとのオトメ心対決?がもっと実感出来たかも?
ちょっと残念。

デニスはふつ~にいいヤツだったよねぇ。
イマドキは下心や裏があるキャラって多いから、
こう言うふつ~にいいヤツって貴重かも。
そして、あのイジメ軍団のボスが老け過ぎ・・
もとい、とても高校生には見えない件・・( ̄∇ ̄; 
荒ぶり過ぎだし猿山のボスかと・・(コラーッ) 


(監)ジョン・カーペンター (脚)ビル・フィリップス 
(原作)スティーヴン・キング
(主)キース・ゴードン ジョン・ストックウェル アレクサンドラ・ポール 
ロバート・プロスキー ハリー・ディーン・スタントン 
クリスティーン・ベルフォード ロバーツ・ブロッサム ケリー・プレストン 
デヴィッド・スピルバーグ ウィリアム・オストランダー マルコム・ダネア






この記事へのトラックバック