パッチ・オブ・フォグ-偽りの友人-

若い頃に執筆した小説がベストセラーになり地位も名誉も手に入れた作家のサンディ。しかし彼には万引きの癖があり、ある日それを警備員ロバートにみつかってしまう。




画像




主人公がオッサン二人と言う、
なんとも華のないエヅラだったけど(笑)面白かった。

二人の駆け引きと言うか、
悪知恵比べと言うか、
顔色伺いと言うか、
マウント取り合いと言うか、
形勢が逆転する瞬間が見もの。

そもそも万引きするサンディが悪いはずなんだけど、
そこに付け込んで、ねっとりとすり寄って来るロバートが
最初はとにかく気持ち悪いし嫌。

でもサンディも万引きのみならず強盗するとか、
やる事が単純で子供じみてて・・
ただ、なんで彼がそんな性格(ロバートの歪みとは真逆な歪み?)
なのかも少しずつ解って来ると言う・・
心理モノ好きにはちょっとしたコトにも目が離せない展開。
講義での反撃(?)は意外だったな。
それなりに夜な夜な作戦練ってたんやろね。( ̄∇ ̄;

それにしても、サンディも自分では気付かずに
ロバートの孤独に何か共感するものがあったのかもね?
普通に知り合ってたら普通に友達になれたかも?
いや、普通につぶし合ってた?(爆)
二人共悪いんだけど、時折コミカルに感じたりもして
しんから憎めないと言う・・なんか不憫で・・時々可愛いし。(え)

最後は・・運命の・・赤い糸?!( ̄∇ ̄; 
それって海外でも言うのか知らんけど。
(追記:中国発祥、主に東アジアで信じられてる、らしい)
そしてあの原稿は・・? 
もしあの原稿をロバートが(以下、アチラで;;)
もしそうなら本当の友情が始まった・・かもしれない?!
・・と思う事も可能なラストも余韻があって良かった。


画像


(監)マイケル・レノックス 
(脚)ジョン・ケーンズ マイケル・マッカートニー
(主)スティーヴン・グレアム コンリース・ヒル ララ・パルヴァー 
アーシャ・アリ スチュアート・グレアム イアン・マッケルヒニー



★DVD情報不明;;
せっかくなんで、
スティーヴン・グレアムが出てたらしい過去作貼っとく~。
スティーヴンはどこで出てたか全然覚えてないけどね!(笑)
そして、彼を見るとついスティーヴン・レイを思い出してしまう・・
名前が同じだけ・・って訳でもなく。(@_@)

スナッチ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログパーツ

この記事へのトラックバック